Skip to content

家出の原因の約6割が家族関係

どうしてみなさん家出するのでしょうか。家出とは、大人になるための必然です。子供が大人になるために子供はどうしても家族というものを卒業しなければならないですよ。その時期が遅く来たか、早く来たかの問題です。自主的に家族というものを卒業する者もい、家族から卒業をし向けられることもあります。

その要因の一つが家出なのです。しかし、家出という動的モーションはなぜ起こるのかと言えば、自主的に家族から卒業したいと思う子供よりも、卒業しなければならない意識を持った人たちの方が多いようです。家出の原因の約6割が家族関係のようです。家出の6割が、家出しなければならない環境に子供たちが置かれていることを意味します。
子供たちは、家出というものに、他の世界にユートピアを求める好奇心旺盛というよりも、どこかに家族から押し出されてしまう思いで家を飛びだしていくのです。スタンドバイミーのような冒険は何も家出に反映させる必要はありません。

そして、今時それ程家出というものが勲章になるような時代でもありません。かつては家出自慢というものもあったようです。そして、スタンドバイミーの世界が他の世界に向かっていく格好のいい世界に見えても、彼らは家出ではな再び自宅へ帰っていくのです。本人の意志による他の世界への好奇心は家出でない形で充分発揮出来るのです。
だから、家出とはちょっとイメージ暗めの世界ではあります。本人は強がっていても、心は塞がっているのが家出です。家族のみなさんもちょっと今まで子供について正しい育て方をしたのか、反省していただきたいですね。6割の子供たちが家出するということは、実際に家族関係に問題ある家庭のパーセンテージはそれ以上なのです。

子供を卒業するという要素はもっと他の部分から現れてくるものです。家族関係で、家出した子供たちはいつまでたってもトラウマを持ち続けているようです。実際には家出して、家族に復讐企てても実際にはなんの解決にもなっていたな部分があります。復讐した家族への憎しみがいつまでも心の傷となり残っているのです。